入れ歯にしたらかみ合わせが悪くなった気がする

歯がぼろぼろだから入れ歯を作ったのに、食事が苦痛になった。食事を楽しむために入れ歯を作ったのに、逆に食事を楽しめなくなるケースが稀にですが有るのです。さて、この原因は一体何なのでしょうか。

【日本赤十字社】寄付・献血・ボランティア|出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)をした方

まず、入れ歯を入れなければいけない人というのは、歯がぼろぼろの期間が相当の期間有る方が多いんですね。この期間中は、歯も痛みますし所々はもう歯が無い状態だった可能性もありますね。そういう状態で食事をしようとすると正常な顎の動きでは無く、どこかに負担のかかる無理な顎の動かし方になってしまう人が多いのです。この状態が長く続けば続く程、変な噛み癖がついてしまってその後入れ歯を作って歯を治した時に違和感を覚える事に繋がるのです。



若い歯医者の中には、この噛み癖を考慮せずにあくまで正常な噛み位置でしか入れ歯を作ってくれない歯医者もいるそうです。勿論噛み癖の事は頭にはありますが、正常な位置で噛んで欲しいという歯医者さん側の願いという点も大きく影響しているようです。しかし、若い人ならまだ噛み方を矯正する事も可能ですが、お年寄りが長年続けた噛み癖を矯正する事は非常に困難です。それにもかかわらず、頑なに正常な位置でしか入れ歯を作ってくれない歯医者も居るんですね。

入れ歯【優歯科オフィス】松山市 伊予市 愛媛県 新しい入れ歯

入れ歯を作る時には事前にそのままの噛み方で作るのか、正常な位置にするのかを確認して、歯医者さんに全てをお任せするのではなくちゃんと話し合う事が必要なんです。